寝起きのストレッチ

寝起きのストレッチで代謝を上げて痩せる

ストレッチで効果的に痩せるためには、朝早くに代謝を上げておくことがおすすめです。
朝起きてすぐにストレッチをすれば代謝が上がります。
朝起きてすぐの代謝量を上げておけば、代謝量が上がっている状態のまま一日を過ごすことができ、全体の代謝量が上がるので、痩せることにも繋がります。

 

ストレッチには、朝目覚めて、布団に横になったままで出来るあります。
仰向けになり、頭の後ろで両手を組み、おへそのあたりに視線を移します。
息を長く吐き出しながら(ここがコツ!)肩甲骨が床から少しだけ浮くように上半身を浮かせ、次は、息を吐きながら元の状態に戻ります。
同じように何度か繰り返します。
慣れないうちは、5回やっただけでもかなりキツイと感じるでしょう。
寝起きは力が出ないので、まずは3回から始めてみるといいでしょう。
これだけで痩せることに繋がる人も多いでしょう。

 

寝起きに出来るストレッチとして、他にうつ伏せの状態で行えるものもあります。
ウエスト回りが痩せる方法でもあるので、ウエストが気になる人は取り入れてみましょう。
うつ伏せになり、あごの下に両手を置いた状態で、右足と左足を交差し、体の筋を伸ばす意識を持ちます。
片方の足は体からまっすぐ伸びている状態にし、もう片方の足を反対側に伸ばすとやりやすいでしょう。

 

寝起きのストレッチを行うと、体が目覚めます。
ストレッチを取り入れて、朝早く起きても、どうしても目が覚めずに無駄な時間を過ごしてしまう、という日々から卒業しましょう。
カーテンを開ける時にその流れで腰を捻ったり、背伸びをするというのもおすすめです。

寝起きのストレッチ関連ページ

就寝前のストレッチ
就寝前のストレッチで安眠を得つつ痩せる方法がコレ!
お風呂タイムのストレッチ
お風呂タイムのストレッチは効果的?
仕事中のストレッチ
仕事中には簡単なストレッチで!
移動中のストレッチ
移動中にでもできるストレッチはどういったものがある?